毎日続けることで起こる一番イイこと【凡人でも天才に勝てる方法】

毎日続けることで起こる一番イイことTHOUGHT

こんにちは。ベースのタカマです。
試しに「高間」でなくカタカナにしてみました。
どちらの方が印象がいいでしょうね。

この記事のタイトルは「毎日続けることで起こる一番イイこと」です。
毎日続けることで起こるイイこと・メリットはいくつかあると思います。

  • 習慣化できる
  • 忍耐力がつく
  • 自信がつく

などなど。

これらも十分すばらしいことなのですが、ぼくがこれらよりもっといいと思っている、すばらしいメリットがあります。

それは
「いつの間にかすごい所まで行けること」
です。

このことをちょっと説明してみようと思います。

毎日続けることで起こる一番イイこと

毎日続けることで起こる一番イイこと

「気づいたらいつの間にか、こんなすごいレベルになってしまっていた」
というメリットです。

自分なりに決めた、ある努力を毎日続けるわけですが、何週間、何ヶ月と続けていきます。
あるときふと立ち止まってみると、始めたときからは考えられないレベルまで、いつの間にか来ていたことに気づきます。

たとえば何か資格の勉強をするとして、毎日1ページ問題集を解くと決めます。

そして何週間か経ち、振り返ってみると、分厚い問題集もあと残りわずかになっている、ということになります。

よく考えてみれば当然のことではあるのですが、この気づいた瞬間がすごく気持ちがいいのです。
「自分がんばってるじゃん」ってほめたくなります。

さらに続けたくなるモチベーションにもなりますね。

小さな努力が積み重なる

これはいわゆる「チリも積もれば~」のやつです。
コツコツ努力した結果の大きなカタマリです。

毎日の努力は小さくても、きちんと大きいものができあがるのは感動ですね。

ポイントは毎日の努力は小さいもので OKな点です。

天才が追いつけない凡人に
われわれ凡人は大きいことを一度にやり遂げることはできません。

しかし小さいことならできる。
さらにその小さいことを、根性さえ入れれば続けることもできる。

「小さいことをコツコツ」は、われわれ凡人の最強の戦略といえるでしょう。
いくら天才でも、すぐには追いつけないところへ行くことができます。

努力を見える化しよう

「正」の字を書いてもいい、シールを貼るでもいい。

努力の量を見えるような状態をつくるといいと思います。

「問題集が3冊おわった」という見える化もいいですね。

そしてあるとき、ふとその努力の足跡を見ます。
けっこうな量になっていることに気づきます。

そして自分を観察してみると、かなり能力が上がったことに気づきます。

この瞬間です。
「あぁ、気持ちいい」

もはやこれを目的にしてもいいかもと思えてくるくらいです。

ぜひみなさんも毎日努力をして気持ちよくなってくださいね。

毎日努力を続けるコツも過去に書きましたので読んでみてください。

それではまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました