イオニアンスケール【スケールの勉強での基準になります/ジャズ】

イオニアンスケール【スケールの勉強での基準になります/ジャズ】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

スケールの勉強の基礎になる「イオニアンスケール」は知っていますか?

今回は、このスケールについて簡単に説明します。

イオニアンスケール

イオニアンスケール

こんなスケールです。

「イオニアン」=「メジャースケール」

これは「Cメジャースケール」です。

そう、ただのドレミファソラシドです。
実は言い換えただけで、同じものです。

「イオニアン」=「メジャースケール」

定義について書きます。
それぞれの音の間の「距離」を見ます。

全全半全全全半

「全全半全全全半」
この並びになっているものは、すべてイオニアンスケールです。

A(ラ)から始めれば、Aイオニアンスケールです。

メジャーコードで使用

このスケールは、「メジャーコード」で使うことができます。

たとえば「Cイオニアンスケール」は、「CM7」を通過中に使えます。

使えるとは?

その音を弾いていれば音がハズレない、といったニュアンスです。
試しに、スケール外の音を使ってみてください。
調子ハズレな音がします。

使えるとは?

ちなみに細かいことを言うと、「ⅠM7」で使えるスケールです。
たとえば、「キーC」における「CM7」です。
他のメジャーコードでは違うスケールを使います。
初心者のかたは、この部分はいったん忘れてかまいません。

アボイドノート

バークリー理論では、4番目の音は使ってはいけないと教えます。
4度の音ですね。

しかし最近はもう、気にしないのが通常になっている感があります。
曲のメロディにもソロにも、普通に使わています。

アボイドノート

ジャズ理論は、ゆっくり勉強していこう

ジャズ理論は、ゆっくり勉強していこう

ジャズの勉強は、けっこう頭を使うので最初はとっつきにくいはずです。
焦らず、マイペースに勉強していきましょう。
そのうち、スッと視界がひらける時がくると思います。

もし分からないことがあったら、Twitter か YouTube の方にメッセージ送ってくださいね。

それでは以上です。

このページは、
音楽理論/ジャズ理論関連のブログ記事まとめ【ほぼベーシスト向け】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました