たまには体全体で音楽を聴くようにする【スピーカーで聴くことの良さ】

たまには体全体で音楽を聴くようにする【スピーカーで聴くことの良さ】JAZZ TOPICS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

みなさんは普段イヤホンで音楽を聴いていますか?

ぼくも8割りがたイヤホンで聴くことが多いです。
あとの2割はカーオーディオで聴くか、パソコンにつないだスピーカーで聴いています。

この文章では、イヤホンでなく「スピーカーで音楽を聴くこと」について少し書いていこうと思います。

たまには体全体で音楽を聴くようにする

たまには体全体で音楽を聴くようにする

ぼく自信がベーシストなので、ベースのかた向けの話になってくるかもしれません。

でもきっと他の楽器のかたも同じでしょうし、聴く専門のかたも同じだと思います。

体でも音楽を聴いている

イヤホンで聴く場合とスピーカーで聴く場合、なんとなく違う感じがしますよね。
スピーカーで聴いた方が自然な感じがします。

これはきっと「体で振動をキャッチしているから」なのではないかと考えています。

骨伝導もあることですし、ありうる話だと思います。

生演奏に近い

また自然に感じる理由として「スピーカーで聴く方が生演奏に近い」というのもあると思います。

自分の演奏へ取り入れやすい

なぜ今回のことを書こうかと思ったかと言うと、スピーカーで聴いた方が演奏のために良いのではと考えるからです。
上に書いたように、スピーカーで聴いた方が自然なので、すんなり体に入ってくれる感じがあります。
イメージしやすい、というか。

特に低音楽器はスピーカーで

特にベースはそうでしょう。
イヤホンでベースのふくよかな音を再現できるとは思えません。
スピーカーで聴いて、正しい音のイメージを持って普段の練習をするべきだと思います。

家にオーディオを組むのがベストだが

そんなわけで、たまにはイヤホンでなくスピーカーから音楽を聴いた方が良いでしょう。

ただ、家にオーディオセットを組むのはなかなか大変です。
ぼくもそこまではできていません。

そんなかたには、ぼくの使っているスピーカーがオススメです。

「クリエイティブ」というメーカーのパソコン向け卓上スピーカーなのですが、音はなかなか気に入っています。
立派なスピーカーにはもちろんおよばないですが、低音がしっかり出て、迫力のある音が出ますよ。

ぼくの使っているのは「T12」ですが、いまは同じシリーズの「T10」「T15」が売られています。
「T15」 はブルートゥース対応です。

クリエイティブ・メディア

ただ、住宅事情でスピーカーが使えないかたもいると思います。
そんなかたへは、次の項目です。
ジャズ限定になってしまいますが、ジャズ喫茶へ出かける方法です。

ジャズ喫茶へ行こう

ここで自分の領域のジャズへ話を持っていってしまいますが、「ジャズ喫茶へ音楽を聴きに行く」という方法です。

ジャズ喫茶では大きいスピーカーで大音量で音楽をかけてくれます。
店によっては大き過ぎるくらいでかけてくれるので、まさにライブを観に行くのと同じ感じで音楽を楽しめます。

リクエストもOK

しかも聴きたい曲をリクエストすることもできます。
これは願ったり叶ったりのサービスですね。

東海地方のかたへ

ぼくが東海地方なので、この地方のジャズ喫茶をまとめようと、
【爆音注意】東海地方のジャズ喫茶まとめ【名古屋・愛知・岐阜・三重】
というページを過去につくりました。
まだぜんぜん掲載量が足らないのですが、同じ東海地方のかたは参考になさってください。

ゆったり音楽を聴く時間をつくる

ゆったり音楽を聴く時間をつくる

ぜひたまにはイヤホンを外して、体全体で音楽を浴びる時間をつくってください。

イヤホンでは聴くことができなかった、新しい発見が必ずありますよ。

よりどっぷり音楽の世界へ浸かってください。

それでは以上です。

タイトルとURLをコピーしました