HIYAMAノート良いところ【コントラバス/ウッドベース】

HIYAMAノート良いところ【コントラバス/ウッドベース】 JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

レッスンでは「シマンドル」でなく「HIYAMAノート」の方を使っています。

なぜそうしているのか、少し書いていきます。

ちなみにHIYAMAノートは、シマンドルの「第一部」を抜粋して作られています。
ジャズ系ベーシストにとっては、一応この第一部だけで、必要最低限のテクニックは習得できます。

HIYAMAノート良いところ

HIYAMAノート良いところ

HIYAMAノートの説明に確か、「シマンドルに、さらに必要な練習を追加した」のようなことが書いてあったと思います。

この「追加された部分」が、かなり有用で使っています。

フォームの練習

各章、頭の部分に左手のフォームの練習が載っています。

シマンドルには載っていない練習です。
リピートマークだらけの部分ですね。

指を開くシマンドルスタイルのフォームを覚えること、それに加え、音程の確認に、この部分は有用です。

インターバルの練習

「2度」とか「3度」などとなっている部分がありますね。
このインターバルの練習は、とても効果的です。

単純に弾くのが難しいですが、それに加え、音と音の距離に敏感になることが、たとえばジャズを演奏する場合など、重要なスキルになってきます。

ちなみに「3度」の部分の練習は、ぼくが勝手に「くねくね練習」と呼んでいるものと同じです。

»「くねくね練習」は、どのスケールにも有効【ジャズの基礎練習】 

分散和音の練習

コントラバス(ウッドベース)で分散和音を弾くことはとても難しいです。
ピアノやギターだと簡単なのに、コントラバスだと、こんなにも難しくなるのか、といった感じですね。

ポジションの選び方によっては移動距離・回数が多くなり、音程の問題がさらに追加されます。

ぜひこの分散和音の部分を活用しましょう。

あのスコット・ラファロも、分散和音をたくさん練習したようですよ。

国書刊行会, ヘレン・ラファロ・フェルナンデス(著), 2011/3/28

弦を変えた練習

本家のシマンドルの方に載っている練習の、キーを変えて他の弦で練習させている部分があります。
ここも良い練習になります。

苦手なひとが多い、2~4弦の中域~高域が、自然に把握できるようになります。

価格が安い

あと、ちょっとだけ嬉しいことですが、本家シマンドルより値段が安いです。
安いに越したことはないですね。

HIYAMAノートのリンクを載せておきます。

できればシマンドルも持つと良い

できればシマンドルも持つと良い

以上、HIYAMAノートを使う理由・メリットを書いてみました。

ただシマンドルの第二部も良いメロディが載っているので、本当はシマンドルも持っておいて欲しいとは思っています。

難易度的に、次に取り組む「30エチュード」への橋渡しになるので、30エチュードが難しいと感じる場合には、第二部も練習してみてください。

ちなみにシマンドルはこの本です。

カール・フィッシャー社, Franz SIMANDL(著), 2010/2/10

それでは以上です。

このページは、
シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ【コントラバス】
追加しました。

タイトルとURLをコピーしました