エレキベース初心者はフロント/中間/リアのピッキング位置を意識する

エレキベース初心者はフロント/中間/リアのピッキング位置を意識するJAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

みなさんは、「ピッキング位置」を意識していますか?

右手の位置ですね。
なんとなく楽な位置に手を構えているかもしれません。

よく考えれば、ピッキング可能な場所は、ネックのつけ根から端のブリッジまで広くあります。

ぜひピッキング位置を意識するようにしてみてください。
さらに音楽の幅が広がりますよ。

エレキベース初心者はフロント/中間/リアのピッキング位置を意識する

エレキベース初心者はフロント/中間/リアのピッキング位置を意識する

おそらく初心者のかたは「フロント」で弾いている場合が多いと思います。

「フロント」と「リア」

ピッキング領域の、ヘッド方向のネック側を大雑把に「フロント」、楽器のお尻方向のブリッジ側を「リア」と呼びます。

ピックアップマイクが複数ついているベースは、ピックアップも同じように「フロント・リア」と呼びます。

フロントは丸い音

フロントでのピッキングは、弦のテンションも緩く、ウォームな柔らかい音が出ます。
そういった音が出したいシチュエーションでは、この部分を弾くと良いです。

シチュエーションと書きましたが、状況に応じて出す音を変えられるよう、普段から意識していけると良いですね。

フロントは少ない音数のときに

この位置は上で書いたようにテンションが低いので、弦の振幅が大きくなります。
なので速く弾くのには不向きです。

バラードのバッキングや、音数が少ないメロディなどを弾くのに向いている場所です。

リアは硬い音

リアは楽器の端の、ブリッジより10cmあたりを指します。

このあたりは弦のテンションが高く、高音成分の割合が多い「硬い音」になります。

リアは埋もれにくい

硬い音なので埋もれにくい特徴があります。
バンドで弾く場合には重要なポイントです。

速弾き向け

リアの位置はテンションが高いので、弦の振幅が小さくなります。
なのでフロントとは反対に速弾きに向いています。

ジャコ・パストリアスなども、速く弾くときはこの位置に右手を移動していますね。

「中間」のポジション

「中間」はフロントとリアの間です。
両方のアイノコの特徴を持ちます。

リアが難しい

まずフロントとリアでの、音や弾く感覚の違いを知ることが大切です。
そうして弾き比べてみると、リアでのピッキングが難しいことにも、やがて気づくでしょう。

弦の反発が強く、低音成分が低く感じられるので「この位置で本当に良いのか」という感想も持つかもしれません。

難しいことこそ練習

やはり練習は難しい場所でおこなうのが得策です。
できないことをするのが練習ですね。

こういった理由から、今後はリアの位置で弾くことも意識するようにしてみてください。
ピッキングが良い方向に変わってくると思います。

ちなみにぼくが大好きなミシェル・ンデゲオチェロも、リアで弾くことが多いです。
こんな音を出したいと思いませんか?

» Meshell Ndegeocello「Peace Beyond Passion」の詳細はこちら

聴くひとも意識する

聴くひとも意識する

楽器を弾く場合に、自分に聴こえる音を良い具合にすることは、まず大切になります。

余裕が出てきたら、聴いているひとの音も意識するようにしましょう。

今回書いた「リアで弾くこと」は、聴く側も意識したことになります。
音の輪郭がハッキリするので、聴きやすいんですね。

ぜひ今回のこと、取り入れてみてください。

それでは以上です。

このページは、
エレキベース関連のブログ記事まとめ【ジャズ/楽器/フォーム】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました