演奏中、考えること【いま演奏している曲を、すこしでも良くしたいきもち】

THOUGHT

ベースの高間です。ジャズ演奏歴20年です。

この記事では、演奏中に考えることについて、ぼくのことを例に書いていこうと思います。

結論からいうと「いま演奏している曲、バンドを、すこしでもよいものにするにはどうしたらいいか」を考えています。

演奏中、考えること

歌のひとがメロディを歌っていればそのボーカリストが、ギターのソロ中であればそのギタリストが、もっと楽しくなるにはどうしたらいいかを考えています。

もっとそのひとが自由に弾けるようにするには、どうしたらいいかを考えています。

ここちよいリズム・テンポを提供

具体的には、演奏しやすくなるような、安定したリズムをつくらないといけません。

普段家での練習では、メトロノームに合わせることを考えますが、実際の演奏中はバンド全体で多少、リズム的にゆらいだりもします。

その瞬間、瞬間の最適解をさがして、音符をおいていきます。

相手にあわせた音えらび

それは音の選択にもいえます。周りがコードどおり演奏するとは限らないので、周りや相手にあわせて音がえらべるとよいですね。

もしかしたら相手だって音をまちがえるかもしれませんしね。まちがってしまったら合わせてあげる余裕もほしいです。

補足ですが、ひとりがまちがってしまって、ぜんぜんちがう部分を弾いているのに気づいた場合、すぐに合わせてあげるのは危険です。他のメンバーのことがあるからです。
合わせる場合、目くばせして、せーので合わせるとよいでしょう。

お客さんへの配慮

聴いているお客さんのもとへ、よい音が届いているかも考えます。

音のバランスはどうか。ベースが小さくないか大きくないか。音は音程がわかるくらいはっきりと輪郭があるか。

じぶんの音にとりあえず責任をもつ

基本的にコントロールできるのは自分の音のみです。バンド全体のことは曲と曲のあいだのMC中に考えます。

リハと本番ではけっこう音がちがう

ベースの音づくりについて、ぼくは曲の途中でもアンプの設定をさわります。

リハーサルのときにある程度ととのえるのですが、本番はやはり状況が変わってしまうので、それに合わせてセッティングも変えます。

少しでもよいバンドのサウンドにしたいのです。

お客さんにもきいてみよう

ベースの音のバランスについては、お客さんに知りあいがいれば、演奏の休憩中に確認しにいきます。PAのひとに外音(そとおと、お客さんが聴く音)をまかせている場合でも一応ききにいきます。

ウッドベースの音づくりについては、こちらの記事も参考になさってください。

» ウッドベースのピックアップ、おすすめ5選【演奏歴20年のぼくがおすすめ、価格比較あり】

» ウッドベースのピックアップ、おすすめのブレンド方法

演奏中考えたことは今後の課題になる

演奏中に考えたことは、終わったあとにメモしておくとよいです。

「あの部分はまだうる覚えだったな」とか「この曲はぜんぜん右手弾けてなかったな」とか。

演奏のPDCAサイクル

本番のために普段練習しているようなものですから、本番を中心にしたPDCAサイクルを回せますね。

・Plan - 普段の練習
・Do - 本番の演奏
・Check - 本番後に反省
・Action - 課題をみつける

すでに多かれ少なかれしていると思いますが、もし意識してなかったらぜひ取りいれてくださいね。

課題はこまかくわけるとよい

もしこれがうまくまわってないかたは、どの部分がダメなのか考えてみましょう。

「課題をみつける→練習内容に落としこむ」がむずかしいと思います。その場合、課題をこまかく分けましょう。

弾けないフレーズがあるなら、左手と右手に課題を分けます。きっと前に進みますよ。

記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました