ウッドベースの右手の弾き方【ジャズのピッチカート】

TIPS

ベースの高間です。ジャズ演奏歴20年です。

ジャズにおけるウッドベースの右手の弾き方について、ベーシックな部分をお伝えします。

右手については、有名ベーシストのなかでもけっこう違いがあって、ただしいフォームといえるものが、あるようで無いのが悩ましいところです。

指の長さがひとによって違うのが、その理由だとぼくは考えています。

この記事では、ぼくがたくさんのベーシストを分析して得たエッセンスをもとに、右手の弾き方についてお伝えしていきます。

ウッドベースの右手の弾き方

ウッドベースの右手の弾き方

使う指は2本なのですが、いろいろとバリエーションがあります。

親指は指板からはなさない

まず基本として、親指はずっと指板とくっついたままにします。指板のヘリにふれたままです。

ふれたままではありますが、すべらせて当たる位置が変わるのはOKです。そうでないと4本の弦を自由に弾けませんね。

親指をはなして弾く有名なかたもいますが、あくまで例外です。

人差し指と中指をそろえて弾く

2本の指をそろえて、1本の指のようにして弾きます。ポール・チェンバースのスタイルです。

正確には、ポール・チェンバースというより、昔から伝わる伝統的な弾き方といった方がよいかもしれません。いまでも多くのベーシストがこの弾き方をしています。

弾き方としては、そろえた指を弦に垂直方向に動かします。弦をおおきく振幅(しんぷく)させることを考えましょう。

スナップを効かせるとベター

スナップを文章で伝えるのはむずかしいですが、コツとしては手首から先をリラックスさせることにつきます。

「手首から先を自分のものじゃない」と思うくらいに扱うとよいです。

リラックスすると自然にスナップを効かせられますので、リラックスすることを意識しましょう。

オルタネイトピッキングへ進むまえに

2本そろえる弾き方に慣れたら、オルタネイトに進みましょう。2本交互に弾くことです。速いフレーズはオルタネイトの方が、やはり楽です。

ただし、そのまえに1本ずつ練習することをすすめます。

人差し指だけでピック、中指だけでピック、ですね。

オルタネイトがうまくいかない原因に、どちらかの指がうまく弾けていない、というのが多いからです。

オルタネイト

1本ずつ両方の指でうまく弾けるようになってきたら、オルタネイトにチャレンジしてみましょう。

コツは2本の指の下に空間をつくることです。ななめ上の空中から弦へアプローチするかっこうになります。

オルタネイト(速弾き)

さらに高速のフレーズを弾く場合は、エレベ弾きをします。より弦と指を垂直にして、速く弾く体勢をつくります。

弾きにくい場合は、弦高を少しさげると弾きやすくなります。

ぜひパーカーフレーズなどにチャレンジしてみてくださいね。

ウッドベースの右手は、けっこう人によってちがう

ウッドベースの右手は、けっこう人によってちがう

上でも書きましたが、有名ベーシストの間でも、けっこう右手のフォームが違います。

レイ・ブラウンは人差し指のみ

レイ・ブラウンが人差し指だけで弾くのは有名ですね。

ただ、レイ・ブラウンはオルタネイトでも弾けるにもかかわらず、1本で弾いているそうです。

おそらく1本の方がコントロールが楽だからだと思います。ダイナミクス(音の大小)は圧倒的に1本の方がつけやすいです。

ポール・チェンバースが指をそろえて、すべてを弾いているのも、同じ理由かもしれませんね。

ロン・カーターは中指メイン

ロン・カーターは中指がメインです。実はぼくも中指がメインです。

このあたりは、好みなども関係しているかもしれません。

記事はここまでです。

この記事は「ウッドベースの始め方、独学の練習法【初心者から中級者になるまで】」というページの一部分です。よろしければこちらもご覧ください。

» ウッドベースの始め方、独学の練習法【初心者から中級者になるまで】

タイトルとURLをコピーしました