ウッドベース/コントラバスの傾ける角度【楽器のフォームのはなし】

ウッドベース/コントラバスの傾ける角度【楽器のフォームのはなし】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで 20年ジャズを演奏しています。

ぼくの演奏は YouTubeで聴けます。
» tacama の YouTubeチャンネル


ウッドベース/コントラバスの演奏姿勢で悩むポイントのひとつに、「楽器の傾け具合」があります。

楽器を地面と垂直にするのか、体の方に傾けるのかという話です。

楽器を安定させることは大切です。
演奏に集中したいので、「楽器を倒れないように支える」という行為はなるべく減らしたいのです。

この文章では、極端にふって解説します。
「垂直の場合」と「大きく傾けた場合」です。

ウッドベース/コントラバスの傾ける角度

垂直の場合の例として、ゲイリー・カーを、大きく傾ける場合の例として、ロン・カーターをあげます。

ゲイリー・カー(楽器が垂直)

ゲイリー・カーは自身の教科書でも、垂直に楽器を構えることをすすめています。

楽器を垂直に立てるメリット

垂直に構えるメリットとしては、「楽器を支える必要がほぼない」ことです。
これにより左手が自由に動けるようになります。

また、駒の位置もあがるため、右手も低い位置にアクセスしやすくなります。

垂直のデメリット

デメリットとしては、ネックが顔から離れ、遠くなることです。

ひとは基本的に細かい作業は、顔や体に近い方が得意です。

ちなみに体が大きくない限り、楽器と体は密着しなくなるはずです。
体で楽器の振動を感じにくくなりますね。

ロン・カーター(楽器を傾ける)

ロン・カーターは、わりと楽器を傾けることで有名です。
たしかに、顔とネックはいつも近いイメージがあります。

楽器を傾けるメリット

楽器が体に近くなるので、コントロールがしやすくなります。

また楽器と身体が密着するので、振動をしっかり体で感じられます。
これについては、音色には直接関係しないので、それほど重要なことでもないかもしれません。

楽器を傾けるデメリット

体で楽器を支える必要がでてきます。
ある程度、体の動きは制限されるでしょう。

ウッドベース/コントラバスは "ほどよく" 体にあずけるのがオススメ

以上のように、「垂直」と「傾けること」には、それぞれメリット・デメリットがあります。
したがって、それらの間(あいだ)をとるのが良いと、ぼくは考えています。

ちょうどよいフォーム

参考にしたいフォームは、ヒヤマノート 16ページの、新 眞二さんの写真です。

10~20度の傾け具合でしょうか。
これくらいで構えるひとが、実際おおいと感じています。

文章はここまでです。
ウッドベース/コントラバスの、その他のトピックは JAZZ BASS TIPS のカテゴリー、もしくは「ウッドベースの始め方、独学の練習法【初心者から中級者になるまで】」のページを見てみてください。

タイトルとURLをコピーしました