【健康】かかとをくっつけたスクワットが、体のダルさに本当におすすめ【クローズスクワット】

BODY MAKE

こんにちは、高間です。子供の頃から病弱なので、健康オタクな大人になってしまいました。筋トレ歴5年。ウェイトトレーニング歴1年半です。

この記事では健康にいい、おすすめのスクワットをお伝えしようと思います。

現代人には脚のトレーニングが必須だと思っています。特に動かない職業のひとたち。毎日元気に過ごせているでしょうか。

なんだか毎日ダルいというかたは、ぜひこの記事で紹介する「かかとをくっつけたスクワット」をおこなってみてください。激変すると思いますよ。

この記事の内容
  • かかとをくっつけたスクワットが、体のダルさに本当におすすめ
  • かかとをつけたスクワットのやり方
  • 継続するには

かかとをくっつけたスクワットが、体のダルさに本当におすすめ

かかとをくっつけたスクワットがダルさに本当におすすめ

元気があればなんでもできる!?

「元気があればなんでもできる」って言いますけどその「元気があれば」が難しいと思いませんか? ぼくは、そこをどちらかというと教えて欲しいって思ってました。どうすれば元気が出るんだろう。

血流

ぼくは血流に着目しました。血流がうまくいけば毎日元気になるんじゃないかと。

で、血流といえばストレッチかなってことで、調べてやってみたりもしました。でもどうもぼくには合わないのか、上手くいってる気がしません。

脚の運動

次に脚の運動に注目しました。ふくらはぎは第二の心臓などと言いますものね。結果的にこれがヒットしました。脚の運動が、ぼくには足りていなかったようです。現在朝から毎日元気です。

脚の運動といえばウォーキングやジョギングでもいいと思いますが、天候にも左右されますし、事故に合う可能性もないとは言い切れません。

かといってジムのウォーキングマシンなどはぜんぜん面白くありませんしね。歩くなら外で自然を楽しみながら歩きたいです。

そこでスクワットです。

スクワット <キングオブトレーニング>

スクワットなら家でいつでもできます。いますぐにでもできますよね。

というわけでやっと本題のスクワットです。スクワットってけっこう種類がって、膝を90度までで止めるもの、ジャンプするもの、重りをかつぐもの、いろいろあります。

そんな数あるスクワットの中から「かかとをつけたスクワット」を、みなさんに紹介したいと思います。

かかとをつけたスクワットのやり方

かかとをつけたスクワット

クローズスクワットとも言います。やり方はこんな感じです。

  • 直立します。
  • かかとをくっつけて、足先は少し開きます。
  • 手は適当で大丈夫です。ぼくは前につき出してバランスを取っています
  • そのまま腰を降ろしていきます。
  • おしりとかかとがくっつくまで降ろします。
  • 元の直立の姿勢にもどします。

これはプリズナートレーニングという本で知ったスクワットです。本では10段階あるうちのステップ6。真ん中くらいの難易度です。

モモに特に効くスクワットになります。やってみると分かりますが、足を開く普通のスクワットよりけっこう効きます。

ただ、このスクワットができないかたもいると思います。ぼくの周りでも何人かいました。その場合、普通のスクワットからおこなってください。

手をどこかにかけても大丈夫です。降ろすのも途中までにしたり、難易度を下げてスタートしてください。そして時間がかかってもいいので、がんばって練習して上のクローズスクワットまでもっていってください。

注意点

膝や腰、足首など、関節に痛みを感じた場合は、即刻中止してください。関節は本当に大切にしないといけない部分です。

継続するには

継続するには

よく「朝にやる」など時間を決めてやれば継続できるとか、「無理しなければ継続できる」などといいますが、ぼくの考えは違います。「効果を感じられているかどうか」が継続の鍵だと思います。

効果が感じられないことをやるなんて、ただの拷問ですよね。

今回の場合、まず3日程度おこなってみて、実際に元気になるかチェックしてみてください。ならなかったら残念ながら別の原因ということですね。でもきっと何かは変わると思います。

元気にならなかったら

スクワットで元気にならなかったら、もしかしたら心が疲れているのかもしれません。良い音楽を聴くと少し心が楽になるかもしれませんよ。

» ベースもかっこいい、ジャズピアノトリオの曲3選

栄養も見直す

さらには栄養状態はどうでしょうか。ぼくはマルチビタミンプロテインも取っています。栄養失調って意外に簡単になってしまうものです。

記事は以上になります。十分ば栄養と、かかとつけたスクワットで毎日元気になってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました