ベースデュオは楽しい【ジャズのコントラバス/エレキベース】

ベースデュオは楽しい【ジャズのコントラバス/ウッドベース】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

みなさんはベースデュオの演奏をしたことはあるでしょうか。

楽しいので、ぜひやってみて欲しいと思います。

ベースデュオは楽しい

ベースデュオは楽しい

とてもスリリングですよ。

フロント楽器の気持ちがわかる

やってみるとわかりますが、メロディをとる方は完全にフロント楽器になります。
サックスか何かになった気持ちで演奏しましょう。

伴奏される気分がわかって有意義でもあります。

どの曲でも良い

曲はどんなものでも楽しいです。
好きな曲をチョイスしてみてください。

ソロは中音域より上で

メロディをとる側は、やはり伴奏と被らないよう上の方で弾くようにしましょう。

コントラバスでしたら、弓でメロディをとるのも良いですね。

伴奏は控えめに

伴奏はいつもよりも優しく弾きましょう。

思いやりの心を、いつも以上に発揮します。
簡単に音が被ってしまいますからね。

音程、リズム、すべて勉強になる

音程、リズム、すべて勉強になる

以上、今回はベースデュオをやってみることについて書いてみました。
チャンスがあったら楽しいし、かなり勉強になるので飛びついてくださいね。

思った以上に難しいので、色々な意味で一皮むけると思います。
課題がいろいろ見つかると思いますよ。

それでは以上です。

このページは、
ジャズベースソロ上達のためのブログ記事まとめ【②コツ/考え方】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました